前回、私とコーチングの出会い(?)について書きました。

今回は、私とコーチングとの再会のことを書きます。

数年前に、会社の研修で「コーチング」を学ぶことがありました。いわゆる人材研修の一環で2時間ぐらいでコーチングのエッセンスを学ぶというか「知る」ような内容でした。

研修の中では実際にコーチ役とクライアント役に分かれて、模擬セッション(コーチがクライアントにコーチングを実施することを「セッション」と呼びます)をやる機会もありました。

その模擬セッションが比較的うまくいって、講師の方にほめられたのです。「あなたは傾聴がよくできていますね」と。(ほめられたせいもあって)それが頭の中に残っていたのです。

これまであまり意識をしていなかったのですが、私は人の話をじっくり聞くことは苦になりません。正直、講演のような一対多のものは集中力が途切れることがありますが、一対一での場では、相手の話をずっと聞いていることができます。例えば人によってはずっと聞いていられなくて、相手の発言を遮って自分が話し始めてしまう場合もあります。私はよっぽどのことがない限り、結構話を聞いていられます。

そういう特性(性格?)もあって、模擬セッションがうまくいったのだろうと思っています。

会社の研修のときは、褒められて喜んだだけで、その後コーチングのことは忘れていました。

つづく…


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。