前回、私とコーチングの再開について書きました。

今回は、現在の私とコーチングの関係について書きます。

何か「プロ」としてのスキルを身につけたいと思うようになってきました。いわゆる「手に職を」というやつです。

そのために自分の人生の棚卸しをやってみました。

自分自身に目を向けながら

  • これまでの人生の中で(仕事を含め)何をやっている時が楽しかったのか?あるいは充実していたのか?
  • 自分の得意な事って何なのか?

というのを、生まれてから今日までつらつらと考えました。

その中で、「プログラムを書いているときは楽しかったなぁ」とか「バンドでライブをしているときは楽しいな」とか、頭に浮かんできてマインドマップ(これで棚卸ししました)に書き綴っていました。

そのときに頭に浮かんだのが「コーチング」のことだったのです。

そもそも、人の話をじっくり聞くのは好きだったし、研修でも褒められたし…。

「コーチング」は会社に属するというよりは、独立した事業主で個別にクライアントと接するという点でも「手に”職”」というイメージにマッチします。

「よし、コーチングを勉強しよう!」

と決心したのでした。

つづく


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。