企画力を鍛えたり、実際に企画をするためには日頃からまめにメモを取ることが大事です。

と、知ったかぶって書いていますが、私自身もなかなか実行できていません。

知り合いにメモ魔がいるのですが、本当に頻繁にメモ帳を取り出して何か書き留めています。

癖というか意識の問題だと思うのですが、私はなかなか身につきません。


日常生活で出来るアイデア出しのトレーニング方法

日々のアイデア出しのトレーニング方法ですが、毎日5分やってます。

アイデア フラッシュという方法です。

まずは、ちぎれるタイプのメモ帳を用意します。なんでもOKですが、方眼のモノが好ましい。

で、テーマを決めます。これは何でもOKです。仕事に関係するモノでも、全然関係無いモノでもなんでもありです。

例えば、戦国のイベントの合戦を面白くするネタを考えるのようなモノをテーマとしてみましょう。

5分と決めてアイデアを思いつくままに書き出します。ネタの優劣は関係なく出すだけ。

できるだけ絵(簡単なイラスト)とそれを保管する文字で書くのが基本です。絵は下手でもOK。

「美崎栄一郎」から引用


自発的にメモを取れないなら、強制的にやってしまおうというのが上記の記事です。メモの取り方というかむしろ「発想法」ですね。

「思いついたらメモを書く」ということが、潜在意識の中ではすでにある程度形になっていて、それが何かの拍子に浮かび上がってきたときにそれを捕まえる作業だとすると、この記事の手法は潜在意識の中にあるものを「強制的に」浮かび上がらせる手法とも考えることができます。

この手法のポイントは以下の二つです

  1. 制限時間を決める
  2. 絵を書く

「制限時間を決める」というのはいろいろな作業においてとても有効です。定型作業の場合には「それまでに終わらせてやる!」というモチベーションになります。

この場合は、何となく書くことが思いつかなさそうで取りかかるのがおっくうな場合でも、5分と決めたら「とりあえず5分だけでいいから考えよう」というメンタリティになることができるので、ハードルが下がります。さらにやり始めた後、「あと一分」となると「何とかもう一つ」という気持ちも芽生えてきます。これはいい促進作用になりますね。

一方、「絵を書く」というのは私にとっては正直微妙です。そうです。私は絵を書くことが苦手で嫌いなのです。人によっては絵のほうがいろいろ書きやすいという場合もあるのでしょうね。

ただ、絵には「一目でわかる」という大きなメリットがあります。そう考えると「絵」じゃなく「図」と考えてもいいと思います。それなら私でも少しできそうです。

記事にもありますが、まずはメモを活用してやろうという前に「メモを書くという筋力をつける」ことが大事ですね。

私もやってみようと思います。

メモに限らず「習慣」を一人で付けるのはなかなか大変です。

ある目標を達成するための「習慣」を付けることはコーチもサポートします。自分の習慣をコーチにコミットして進捗を訪ねられると、やる気もわきますしサボることもできません。

コーチングに興味を持たれたら遠慮無くこちらからお問い合わせください。


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。