会社だと仕事が進むのに、プライベートだと物事が進まないという人がいると思います。

「あれがしたい」「これをしよう」と思っているのだけど全然、先に進まない。

やりたいことリストを書き出してみたけど、どれも具現化しない。会社だと先に進むのだけど…

どうですか?思い当たるふしはありますか?

どこに違いがあるのか?

プライベートの物事って「一人」ですることが多くありませんか?

会社の仕事だと関係者がいます。

経営者、上司、アクティブな部下など自分が行動を起こさざるを得ない環境があったり、仲間がいたりします。

関係者がいると、いい意味でも悪い意味でも行動に向けての力が働きます。

一人だと自分の意思を強く持たないと、行動に結びつきませんよね。

コーチはそこもサポートします。

行動する方向を定めるサポートもしますが、定めた方向に向けて行動をする力を与えるのもコーチの役割です。

コーチはパワハラ的に強制はしません。行動する後押しをします。まさに「後押し」です。コーチが前に立ってクライアントを引っ張ることはしません。後ろから強力に「押す」のです。

また、できなかったときの対策もサポートします。やみくもに押すだけではありません。道に画鋲が落ちているのに無理に押して進めようとしません。画鋲を踏み抜かないためにはどうすればいいか?もしくは別の道を探すか?

一緒に考えます

コーチはあなたを一人にしません

コーチングに興味を持たれたら、遠慮無くこちらからお問い合わせください。


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。