太っていることが真の問題か?

(2018年8月13日投稿の記事を改編しました)

「問題定義が正しくできれば、9割は解決した」ということを言う人もいます。

そこまで極端ではないとしても、問題定義が重要である事は間違いありません。

自分ではそんなつもりはなくても、想像以上に問題定義をあいまいにしている場合が多いですし、曖昧にしていると問題解決の解決の議論は必ず迷走します。

ちょっと問題定義について考えてみましょう。

そこが本当に「問題」か?

まずは自分が「問題」と思っていることを書き出してみましょう。

例えばあなたが「太っている」と書いたとします。

その文字をじっと見つめて考えてみます。

本当に「太っている」ことが問題なのでしょうか?

実は、太っているから「好きな洋服を着ることができない」というのが問題だったりしませんか?

そうでなければ「健康診断の数値が悪い」というのが問題だったりしませんか?

この場合「太っている」のは事実であって問題ではありません。何かあるべき姿があってそれを妨げているのが問題です。

要因は何か?

「太っている」のではなく「健康診断の数値が悪い」が問題としましょう。この人は「血圧が高い」とします。

さて、なぜ血圧が高いのでしょう?

太っているから?

それも可能性としてはあります。でも、他に要因はないでしょうか?

例えば塩分を取り過ぎると血圧は上がります。

では自分の食生活を振り返ってください。塩分はどれぐらい取っていますか?

どんな料理にも醤油をドバドバかけるとか。薄味は嫌いだとか。

思い当たるフシはありませんか?

もしそうだとすると、それが高血圧の要因である可能性が高くなってきます。

そこが分かれば、がんばって塩分を控えるようにすると「健康診断の数値が悪い」という問題を解決することができます。

もし「太っている」という課題設定をして、解決策として「運動する」を選択していた場合、血圧を下げることは難しかったかもしれません。

このように「真の」問題を正確に捉えて、そこの「根本的な」要因を見つけることが、効率的な対策を打つためにはとても重要です。

問題解決をする時には、最初にじっくりと考えて真の問題を見つけることにフォーカスしてみてください。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。