決断脳メソッド

皆さん、物事を決断するって大変ですよね。

「間違った決断はしたくない…。」というプレッシャーもあり、結構疲れる作業です。

決断を細切れにする

そういう時には決断を細切れにします。大きなテーマをまとめて考えながら決めようとせずに、部分に分けて決めていきます。

結局、頭の中では部分で判断しているのですが、あえて「細切れにする」と宣言することで、頭の中を整理するのです。

例えば、あなたが個人事業者として商品メニューのラインナップを決めようとしているとします。

いきなり「これとこれだ!」と決められない場合、まず、決めることを以下の3つに細切れにしてみましょう。

構成の決断

ターゲット毎に別々のメニューをつくるのか、メインメニュー+オプションの構成するのか、などです。

数の決断

提供する価値に応じて細かくメニューを設定すれば数は多くなりますし、汎用的な商品で考えるなら少なくなります。どういうポリシーで行くのか決めましょう。

価格の決断

それぞれの商品にどのような値付けをするかですね。

こんな感じに細切れにすれば、決断しやすいし、判断を誤りにくいです。ポイントを絞った判断であれば、似たようなケースに応用できる可能性も高いです。

「タスク処理・管理」に興味がある人ならピンときているかもしれません。この考え方はとても似ています。

なかなか仕事に取りかかれない場合は、仕事を細切れにするとやる気になれます。「決断」も、決断の対象を細切れにすることでやりやすくなるのですね。

ちなみに私は昔、かなりの優柔不断でした。

買い物をする時とか、一回決めても「待てよ。確かにここはいいけど、こう考えると…。」などとぐずぐずと時間ばかり費やしていました。

いまとなっては後の祭りですが、この時に細切れにするという考え方を知っていれば、効率的に買い物ができていたかもしれません。

 

コーチングでは「決断」を後押しします。コーチとの会話の中でクライアントの価値観が明らかになり、判断する際のプライオリティを付けられるようになります。

コーチングに興味を持たれたら、遠慮無くこちらからお問い合わせください。


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。