アイデアを育てるメソッド

起業など新しい事を始めるときには、何かと新しいアイデアが必要になってきます。

いわゆる発想法の類いですが、今回は私がやっているやり方の一つをご紹介します。アナログでもできると思いますが、私はデジタルでやっています。

ただ、このやり方は継続性が必要で情報のストックが必要になります。すぐにできる方法はまた別の機会にご紹介します。

やり方は

  1. 集める
  2. 分類する
  3. 関連付ける

の3ステップです。順番に説明していきましょう。

1. 集める

まず、情報をストックするところから始めます。

  • 自分の思いつきやネットの情報
  • 興味があること
  • 「あ!これは参考になるな」とピンときたモノ

これらをすべてEvernoteというWebのツールに入れています。

2. 分類する

集めるときに後で使いやすいように分類しておきます。私はEvernoteのタグ機能を使って分類しています。

タグはインスタのハッシュタグと同じですね。集めた情報に「#発想法」とか「#集客方法」などの分類名をつけておくことです。

3. 関連付ける

ここからが発想作業です。

何かを発想したいと思ったときに、それに関連するタグを思い出します。

例えば料理関係のビジネスを考えている時には、「#レシピ」とか「#写真」とかのタグが思いついたとします。

私のやり方だと、Evernoteで「#レシピ」や「#写真」のタグが付いたノートを検索するわけですが、ここでひと工夫します。

iPhoneのアプリでFindNoteというものがあります。もともとEvernoteの検索専用アプリなのですが、このアプリには「ランダム表示」という機能があるのです。

あるタグがついたEvernoteのノートは沢山あるので、それを全部見ることは大変です。

そこでこの「ランダム表示」の機能を使います。

FindNoteに「#レシピ」と「#写真」のタグをセットしてランダム表示させます。すると、FindNoteがこの二つのタグがセットされているノートのうちから一つをランダムに選んで表示してくれます。このノートは過去に自分が読んでピンときたのでEvernoteに入れていた情報です。

内容を読んで、この場合ですと料理関係のビジネスとの結びつきを考えるのです。

あくまで発想のヒントなので、Evernoteの情報がそのままビジネスになるとは限りません。

何も思いつかなければFindNoteで改めて表示ボタンを押すと、別のノートが表示されます。

これを繰り返しいると何か新たな思いつき・気付きが必ず生まれます。そしたら、それをたき火の種火のように大事にしながら、どんどん膨らませていけばいいのです。
新しいアイデアはモノの見方を変えると出てくることが多いです。自分の考え方は凝り固まりがちなので、Evrenoteにある情報で自分の考え方に刺激を与えるのです。

コーチもあなたのモノの見方に新しい一面を加えることができますよ。


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。