必要十分な選択肢の作り方


RitaEによるPixabayからの画像

選択肢の中から何かを選ばなければいけないシチュエーションはよくあります。

お昼に何を食べるか?などはそれほどシリアスなケースではないですが(わたし、実は結構シリアスに考えます)、

  • 起業のテーマ
  • 商品メニュー
  • 取るべき行動

など、真剣に考えるケースもあります。

少ないと不安

数が少ないと不安になります。

本当にこれだけしかないのか?

他にもっといい選択肢があるのではないか?

この気持ちで先に進むとよくありません。迷いが出ます。

多いと迷う

逆に、いろいろありすぎると何が何だか分からなくなることもあります。

そもそも数が多いと決めきれませんし、決める過程で頭の中が混乱してきます。

まず出しきる事で不安をなくす

こんな時はステップを踏んで進めていきましょう。選択肢をとことん出し切ります。

この時重要なのは必ず「書き出す」ということ。アプリを使っても紙に書いてもかまいません。

アプリならマインドマップのアプリがオススメ。紙なら、この後の作業を考えると断然ポストイットに書くことをお勧めします。

この作業にはある程度、時間をかけてください。もう出ないと思ったら、一度中断してまた考えます。

多分、二、三日するとポっと一つぐらい追加で浮かびます。

これを繰り返して一週間ぐらい間が空いても何も出てこなければ出し切ったと思っていいです。

次はまとめる

出し切ったものを全部広げて全体を眺めてください。

そして似たようなものがあれば、それはグループとしてまとめます。ポストイットに書くと、この作業がとても楽です。

もし、まとめている最中に新しいものが浮かんだら、それも新たに加えてください。

これ以上まとめようがないとなったら、それらが今取り得る、過不足の無いすべての選択肢の完成です!

その選択肢から何を選ぶか?

それはこのブログでは書けません。それはあなたの置かれている状況によって全然変わってくるからです。

言い換えると、それはあなたにしか決められません。


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。