優柔不断でお悩みの方はこの二つをチェックしてみてください

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

優柔不断でお悩みの方へ。

私も優柔不断です。すべての場合ではなくて優柔不断になりやすいケースというのがあるようです。

優柔不断は「性格」のように言われて変えられないという印象もありますが、以下の二つに気をつけるとかなり改善されます。

選択肢の整理

優柔不断というのは、複数の選択肢の中から何かを決めるということです。

この時、選択肢も選び方がいい加減だと頭が混乱して判断が遅くなり、結果として優柔不断になってしまうことがあります。

これについては以前「必要十分な選択肢の作り方」というエントリーに書きました。

判断軸がぶれている

これは内面的な問題ですが、改善できるという点で「性格」ではないと思っています。

AとBから選択する場合、頭の中に何かの判断基準があってそれに照らし合わせてAだBだと決断します。

しかし考えているうちに、その判断基準が動いてしまうと決断できなくなってしまいます。

人間の判断がすべてルール化されていれば、判断基準がぶれることはないので、理屈の上では全自動で判断できます。つまり優柔不断にはなり得ない。

しかし、現実的にはすべてをルール化することはできません。

行動規範を作る

しかし、ルールの上位で行動規範を作っておき、それに照らし合わせて決められることが多ければ、それだけ楽に判断できるようになります。

「行動規範」とか書くとものすごく大袈裟に聞こえますが、自分の価値観をベースにいくつか決めておくだけでもいいと思います。

例えば、

  • 価格よりデザインを重視する。
  • 仕事より家族の行事を優先させる。
  • 単発で赤字になる仕事は受けない。

などです。

ある仕事を受けることに迷いそうになった時、2番目や3番目の規範を当てはめると、きっぱりと断るケースも出てくるでしょう。

優柔不断でお悩みの方。「性格」で片付けるのではなく、改善してみてください。


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。