アヒルに話しかけると課題が解決するって本当?

Zoltán KalmárによるPixabayからの画像

わからないことが出てきて他の人に聞きに行ったときに、話がかみ合わず期待した答えが得られなかったことはありませんか?

逆に、人から教えを請われているのですが、何を知りたいかがよくわからずに困ったことはありませんか?

以下の記事を読んだときに、こんな事が頭に浮かびました。


「ラバーダック・デバッグ」とはプログラマーが使う問題解決手法である

プログラミングの世界で「ラバーダック・デバッグ」と呼ばれているアプローチがあります。

問題にぶつかったとき、すぐに誰かの助けを求めるかわりに、自分で問題をよく考えるためのやり方です。プログラマーは変人が多いので、そのためにラバーダック(ゴム製のアヒル)に話しかけるという伝統があります。

ラバーダックにまつわるエピソードを1つ紹介します。あるところに、部下から相談されるのが大嫌いな上司がいました。その上司は部下から問題を相談されると、自分ではなく部屋に置いてあるアヒルのはく製に話せと言うのだそうです。

そして、ある若手エンジニアが、言われたとおりにアヒルに問題を説明しているうちに、答えが見つかることがよくあることに気づきます。

彼が本当にしなければならなかったのは、問題を言葉で表現するという作業だったのです。

lifehackerより引用


アヒルに話しかけるのはかなり勇気が必要ですし、個人的にはそれに慣れてしまうことも怖いです。

でも記事を読んでいくと、必ずしもアヒルに話しかけなくても、人に上手く質問できるようにするコツが書かれていました。

質問を言葉にする

頭の中で質問を考えているだけではだめで、ちゃんと言葉にすることだ重要です。

質問の内容が曖昧だとここでつまづきます。頭の中でははっきりしていたつもりが、書き出したり口に出してみると要領をえないことがあります。

人に質問する前に一度頭の中から質問を外に出してください。

ゴールを伝える

そもそも自分がやりたいこと明確にしておかないと、どこに行くべきか迷います。

これも質問と全く同じで、頭の中でははっきりしているつもりでも、じつは曖昧だったりします。やはり頭の外に出しておきましょう。

人に質問する時には、相手に正しくゴールを伝えておかないと、全然異なるゴールに到達してしまうリスクがあります。また、もしかするとそのゴールに到達するならもっといいやり方があって、それを教えてもらえるかもしれません。もしそうなら、今困っているところはまったく関係が無くなります。

自分でどこまで調べたかを伝える

相手に一から十まで教えてもらわなくても良いと言うことを伝えることも大事です。もしかすると相手が一から教えないといけないと勘違いしたら、拒絶されるかもしれません。

コーチングに似ている

なぜ、これをBlogに書こうかと思ったかと言いますと、コーチングのセッションに似ているからです。

「質問を言葉にする」というのは、コーチングの場合はむしろコーチの方が質問をして、クライアントが困っていることを具体的な言葉に落とし込んでいきます。

「ゴールを伝える」も同じように、コーチがクライアントが本当にやりたいことは何なのかを解き明かしていきます。

「自分でどこまで調べたかを伝える」は「リソースの棚卸し」と同じで、クライアントに自分自身にどんなスキルがあるのかと言うことを気づいてもらうように、セッションの中で会話をしていきます。

やはり、問題解決というのは目的(ゴール)と課題(質問)を明確にするところから始まるということを再認識しました。


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。