考えるときは書いてください

このBlogでは書くことの重要性について何回か書いてきました。

最近、他の方のブログでこんな記事を見かけました。


自分が何を考えているかは,書いてみないとわからない~「書く」習慣で脳は本気になる 茂木健一郎

現在,茂木健一郎氏の「『書く』習慣で脳は本気になる~なぜ言葉にすると夢は実現するのか」を読んでいます。

その中で,

「自分が何を考えているかは,書いてみて初めて分かる」

という言葉が心に残りました。

知的生活ネットワークから引用


この方が茂木健一郎さんの”「書く」習慣で脳は本気になる”という本を読んで感じられたことが綴られています。

この記事の内容はわたしもまったく同意しますし、この方が心に残ったと書かれている

「自分が何を考えているかは,書いてみて初めて分かる」

という言葉はとても腹落ちしました。シンプルな表現ですが的を射ていると思います。

分かったつもりになっている

自分の考えていることは、書いたり口に出したりしないと、実は正確には分かっていません。

試しに今の考えを書いてみてください。

最後までスラスラと書くことは難しいはずです。途中で少しは引っかかって「何と表現しようか?」と再度考えるはずです。

その時点で頭の中では何となくイメージしていても、表現するほど具体化していなかったことに気づくことになります。

まさに「書いてみて初めて分かる」です。

今度、考え事をしたりアイデアを出したりする時は、ぜひ書いてみてください。違いが分かると思います。


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。