簡単で応用度が高い「ノートへの書き出し」


「このままでいいのかな」と感じたら、ノートを開く

どんなツールを使うのか、というのは問題ではありません。大切なのは、自分の心に浮かんでいるモヤモヤをそのまま抱えておかない、ということです。

よほど優れた脳をお持ちの方でない限り、頭で考えているだけでそのモヤモヤが解決することはないでしょう。むしろ同じ問題がぐるぐると頭を駆け巡ってしまし、本当はさほど重苦しくもない問題が誇張されることだってありえます。

そういう時は、ノートに書き出してみるのが一番手軽です。もちろん、それで何もかもがうまくいくわけではありませんが、身近なツールを使って改善の可能性があるならば試してみても損はないでしょう。

R-styleより引用


引用した記事は、気になっていることがあれば、ノートに書き出しましょうという趣旨です。

これを見て「特に気になっていることはないから、書くことないよなぁ」と思っているなら、それは危険な兆候かもしれません。

無意識のうちに頭がモヤモヤしていて、あなたの最高性能が発揮できていない可能性があります。

もしそうならば、気づいていないだけに、自分のパフォーマンスがこんなものかと過小評価してしまうリスクもあります。

なぜなら、本来はもっと高いレベルの能力があるのにスポイルされた状態をMaxだと勘違いすることになるからです。

よほどのことがない限り頭は何かを気にしている

脳は無意識のうちに何かを考えています。

前に「キリのいいところまで仕事をしてはいけない」というエントリーを書きました。これは脳の無意識活動をいい方向に活用している例です。

でも、モヤモヤをほったらかしにしているのは、悪い方向に使ってしまっています。

肩に力を入れない

ちゃんとした文章を書く必要はまったくありません。日記見たいな物もイメージする必要はありません。

ただ、頭の中に浮かんだ言葉を書き留めることからスタートしてください。

もし文字ではなく絵が浮かんだら、その絵を描いてみてもいいです。

もっと極端に言うと落書きからスタートしてもいいです。手を使って何かを書き始めるとそれが呼び水となって、徐々に頭の中の事を書き出せるようになります。

書き出したものが恥ずかしいもので人に絶対見られたくないと思ったら、そのままシュレッダーをかけてもいいです。

成果物よりプロセスの方が大事です。

ぜひ、試してみてください!!

 

 

 


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。
詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。