仕事においてモチベーションを上げて、維持するには?

目標を設定していますか?

何かを達成するためには、漠然と行動するのではなくて、しっかりと目標を立てることが大事であることは、多くの皆さんがご存じだと思います。

さらに、このブログを読んでいただいている方はそれを「書き出して」「明文化」することがさらに重要だということもご存じだと思います。

ここで「目標を立てる」というのは、例えば

  • xxxの売り上げをxxx円にする
  • 年商xxx円のコンサルタントになる
  • xxxのWebサービスを立ち上げる

などがあるでしょう。

もちろん、これを明文化して意識することが第一歩な訳ですが、次のステップとしてやったほうがいいことがあります。それは、

なぜ?その目標?

それは、その目標を達成する「理由」をハッキリさせることです。

なぜ、売り上げをxxx円にするの?

なぜ、コンサルタントになるの?

もし、そう聞かれたらどう答えるでしょう。

特に会社員としての目標で「売り上げをxxxにする」という目標を立てた場合、その理由を聞かれたら「上司の指示だから」と答えませんか?

それは確かにそうでしょうが、それって「やらされ感」満載ですよね。

理由をこうしてしまうと、売り上げが伸び悩んでしまったときに、モチベーションを維持するのが難しくなってきます。

意味づけを考える

例えば、こう考えるのはどうでしょう?

「売り上げをxxx円にするのは、自分のセールススキルを上げるため。」

目標を達成する理由を「会社事」ではなく「自分事」として捉えるわけです。

つまり、目標を達成する意味づけ、意義を考えるわけです。

そうすることで、目標を達成するためのモチベーションを高く保つことができます。

その先を考える

もう一つ、「コンサルタントになる」のはなぜと聞かれたら、「自分のスキルを収入に繋げたいため」と答えますか?

そうすると、コンサルタントになったらもう「上がり」でしょうか?後は単価を上げて、どんどん収入を増やすだけ?

間違ってはいないと思いますが、目標を達成した後、継続的にモチベーションや成果を「維持」していくのは難しいでしょう。

ならば、こう考えるのはどうでしょうか?

例えば、コンサルタントになれば複数の企業に人脈ができます。例えば協業できそうな企業を結びつけて、自分自身もそのビジネスに参画するような、ビジネスの発展は考えられないでしょうか?

つまり、コンサルタントになるのは「自分が企業を結びつけるためのハブになるため」と考えるわけです。

コンサルタントになる理由を、先のステップの準備段階と捉えると、これもモチベーションの維持に役立ちます。

自分のモチベーションを高めてそれを維持するためには、目標を定義するだけではなくて、その「意味合い」や「その先」を考えるとより効果的ですよ。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細、登録はこちらからどうぞ


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。