主体的が一番だけど受動的も悪くない

最近、「主体的」という言葉が気になっています。

自分で考え、自分で判断し、自分で行動し、自分で責任を取る。

そういうことだと、私は思っています。

主体的の逆は「従属的」もしくは「受動的」です。

従属的は、かなり「やらされている感」が出てきます。イヤイヤやっているという気配も感じますね。

「受動的」はちょっとニュアンスが違って、「頼まれてする」感じです。やることの内容自体に不満はありません。

受動的の考え方

わたしは従属的はかなりイヤです。他人から「指示」されて、しかもその内容をあまり気に入っていないけど、諸般の事情でやらなければいけないときがこれです。

一方、受動的は私にとって最悪というほどではありません。なぜなら

相手の人にためになる感じ、役に立つ感じ。

従属的と違うのは、自分の役にも立つ。

こういう気がするからです。

でもね、本当に役に立つなら、当たり前ですが頼まれる前やった方がいいですよ。

プロアクティブに行く

相手に頼まれる前にするには、常に「アンテナを張っておく」必要があります。

相手は何をやりたいと思っているのか?

これをいつも相手の視点で考える習慣を付けます。

そのことに自分が協力するなら何ができるか?

それをやったら自分はどうなるのか?

こういうことを常に考えるようにしておきます。努力というか「クセ」にしましょう。

そして、何かを思いついたらすぐにその相手に相談しましょう。

「こんなこと考えたんだけど、どう思う?」

相手が大乗り気ならすぐにやります。

でも、相手があまり価値を感じていなければ?

相手にしてあげることはやめて、「自分のため」として修正してやれないか?

こんな事を常に考えておけば、人の役に立てるし、自分にとってもいいことを思いつきます。

つくづく、アンテナを張っておくことは大事だなぁと書いていて思いました。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。