あえて「主役」にならない

自分が主役にならないようにする時ってありますよね。

コーチングなんかは、まさしくクライアントが主役ですし、仕事で後輩に「任せてみよう」と思ったときもそうです。

でも

そんなことを言いながら、結局、自分が主役になってしまう時もあるでしょう?

私の場合の例をちょっと書いてみます。会議を後輩に任せてみようと思ったときのことです。

最初はおとなしく聞いていました

でも、事件(?)はファシリテーションした事から始まりました。

議論が煮詰まってきて、先に進まなくなってしまったときに、思わず新たな切り口のヒントを口走ってしまったのです。

「これって、xxxの観点から見たらどう思う?」

ちょっと、会議の場が動いた感じがしました。そのときメンバーの一人から質問が来たので、答えました。というか私の考える「回答」を話したわけです。

そうすると、また別の質問が来ました。
そのようなやり取りをしているうちに、立ち上がって、ホワイトボードで議論を整理し始めたんですね。

ふと気がつくと、会議をまとめて、次のミーティングに向けて指示まで出していました。

後半はまったくもって主役級の振る舞いでした。

さて、どこが悪かったのでしょう?

ヒントを出すのは間違ってなかったと思っています。

一番の失敗は、質問に「回答」で答えたことでした。

質問に答えるのではなく、新たな会話のきっかけにするべきでした。

「こんな質問が出たけど、xxxさんはどう思う?」

「どうして、その質問をしようと思ったの?」

ホワイトボードは?

最初、書くのは仕方がなかったと思いますが、ずっとやるのは良くなかった。

例えば、

「ちょっと立って書くのが疲れたので、xxxさん代わってくれませんか?」

とか、半分冗談めかして振れば良かったと思います。

最後の「指示」は、

「次までに何をすればいいと思う?」

と聞くべきでした。

仕切るのが好きな人は、どうしても主役のような振る舞いをしてしまいますよね。

こういう人は、ずっと後ろに引っ込んでいるのは難しいので、一度前に出たら、話の方向を他人に向けて、自分はまた引っ込むという練習をするのがいいかもしれません。

私もやってみます。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。