自信とうぬぼれの違い

ここで言っている「自信」はいい意味で、「うぬぼれ」は悪い意味で使っています。

さて、どういう所が違うと思いますか?

ちなみに、完全な人間などいないので、自分のある領域で「うぬぼれて」いる部分があるのは当然だと思います。

その上で、以下の私の分析を読んでもらって考えてみてください。

1. 実績の有無

「自信」は客観的な実績に裏付けされていることが多いと思います。

「うぬぼれ」は主観的な思いだけで、客観的な実績が無い場合もあります。自分で思い込んでいるだけというケースですね。

2. 人に言いたいか?

「自信」は自分からはあまり言い出しません。聞かれたら答える程度。

「うぬぼれ」はあえて自分から他人に誇示することがあります。

3. 人から間違いを指摘されたり、批判された時の反応の違い

「自信」の場合は謙虚に受け止めて改善しようとしたり、理不尽な批判の場合は意に介さない。

「うぬぼれ」の場合は、怒って反論したり、批判した人の人格を否定するような言動に走る。

4. 相手の気持ちがわかる

「自信」は自信のない人の気持ちをおもんばかり、理解しようとできる。

「うぬぼれ」は、自分がうぬぼれている領域については他人の気持ちを考えない。

5. 何かと比較しているか?

私はこれが一番大きなポイントだと思っています。

「自信」の場合は絶対比較。唯一無二の基準に対して比較をしている。例えば「100mを9秒9で走ることができる」。

「うぬぼれ」は相対比較で他人と比較をしている。「私はxxxさんよりは早く走れる。」

もしかすると「自信」は比較さえしない。自己肯定感が高く、自己基盤がしっかりしているので、比較などしなくても自信が揺らぐことはないのかもしれません。

自信にするにはどうするか?

さて、自分がうぬぼれていると気が付いたら、それを自信に変えるにはどうすればいいでしょうか?

私が考える一つの方法は

「徹底的に勝負する」

です。

うぬぼれているので、自分が一番だと思っているはず。

なので、比較されるようにあえて勝負を仕掛けるわけです。

そして、必ず負けるときが来るでしょう。そこで挫折を味わい、謙虚に自己鍛錬を積んで、今度は自信として生まれ変わるわけです。

もし、一度も負けなかったらどうなるか?

うぬぼれが止まらなくなるかもしれません。

でも、本当にそこまで勝ち続けると、逆に考え方が変わり、うぬぼれや自信を突き抜けた境地に入る気がします。

どうでしたでしょうか?

おっと。そもそも、こんな分析をしている時点で私は「うぬぼれて」いるかもしれない…。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。


次の記事

習慣化の罠