知っているのに知らんぷり〜

後輩や部下を指導する時のあるある話です。

いつまでも「ああしなさい」「こうしなさい」とやり方を伝えていませんか?

また「どうしたらいいでしょう?」と聞きに来た後輩に、いつまでもやり方のアドバイスをしていませんか?

人に頼られると、確かに気持ちいいですよね。自分が役に立っている気もしますしね。

でもこれを続けていると、やがて後輩や部下の成長が鈍化してしまいます。
仕事のやり方や、困った時の対応のやり方は、いつも先輩や上司が助けてくれると思ってしまうと、自分で考える力が伸びなくなってしまいます。

では、どうするか?

知らないふりをする

「ウ~ン、私にもわならないな〜。どうすればいいと思う?」

実際は何らかの答やヒントを持っていたとしても、あえて知らない振りをして、このように答えてみます。

そこで突き放すのではなく、一緒に考えるような雰囲気を出します。

「〜の場合はどうしたらいいと思う?」

「あなたならどうする?」

人間、こう聞かれると、不思議と考え始めるものです。

質問したら、何か相手が何か言うまで我慢強く待ちます。

相手があまりにも何も言わず、黙って考えこんでいるなら、何か思いついた振りをしてヒントを与えてもいいですが、答までは言わないでおきます。

粘りに粘って答を引き出しましょう。

相手が考えた末の回答が自分の考えと違っていたり、明らかに不正解でも理解を示して、一度受け入れます。その瞬間には否定しません。

不正解の場合は、相手が間違いに気づくように質問を続けます。

「もしそうしたら、xxの場合はどうなるだろう?」

ここでも知らないふりを続けます。そして、後輩が自分で正解を見つけるまで繰り返します。

もちろん仕事なので、正解が出るまで永遠に続けることはできないでしょう。でも、途中まででも、やる価値はあります。

実はこれはティーチング(指導)の中でコーチングの考え方を利用している例なんですね。

ちなみにコーチングでは、コーチは「ふり」ではなく本当に答を知りません。答は必ずクライアントの中にあることを信じるからです。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。