相手の気持ちをつなぎ止めるコミュニケーション

親しい人と話をしているのに、あまり楽しくないというか、しっくりこない時ってありますよね。

どういう時かというと、例えば自分が話そうとしているところから、微妙に話題のテーマがズレ始めているような会話です。

なんというか、「話したいように話せない」もどかしさを感じている時です。それが、だんだんとストレスに変わっていきます。

「どうやったら話題を引き戻せるか…」

相手の話をちゃんと聞かずに、そういう事を考え始めてしまうんですよ。

だから、話し終わってもスッキリしない。

うーん、よくないですね。

自分がそういう気持ちなので、ちょっと立場を変えて、自分が相手の立場だったらどのようなコミュニケーションをすべきか考えてみましょう。例えば、

自分がひとしきり話したら、相手に意見を求める

  • 「オモシロイと思わない?」
  • 「これって変だよね?」
  • 「どう思う?」

相手の言葉を受けて、自分の話をす進める。

  • 「そうだよね、だからさー」
  • 「そういうもんかな?、なんかちょっと違う気がする…だってさー」

こんな感じで話せば、相手にストレスが溜まらないのではないでしょうか?

また、自分が聞かされる側に戻ります。

相手が意識してくれず、なかなか自分のペースにならない時にどうするか?

  1. ひとまず、諦めましょう。そして、聞く。ひたすら聞く。
  2. いい加減、相手が話するのに疲れる。
  3. そうしたら、こっちの話をする。

自分がストレスを感じないようにするには、一度「あきらめ」ます。

もし、相手が疲れなかったら…?

…スイマセン、今はいい案が浮かびません。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。