判断を楽にする方法

仕事をモレなく、効率よく進める手法(テクニック?)として「タスク管理」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

この手法の重要な原則の一つに

「できるだけ仕事は細分化する」

という物があります。

例えば

「提案書を書く」

という仕事を

  • 情報を収集する
  • 提案書のテンプレートを入手する
  • 目次を書く

….

などに分割します。さらに「情報を収集する」はもっと細かな作業に分割できると思います。

このようにすることで、「何をすればいいか」ということが一目瞭然となり、その作業に取り掛かるハードルが劇的に下がります。

もし分割しないと、頭の中では次のようなことが起こります。

本当は仕事が複数個あるのに、一つだと思って手をつけようとします。

そうすると、複数の仕事の段取りを考えることになり、頭が混乱してなかなか先に進めなくなるのです。

判断のハードルを下げる

実は、何かの判断をする時も同じようなことが起こります。

判断しなければいけないことが複数あって、しかも互いに関係している場合は、

「もし、こっちをこうしたら、あっちはこうなるし…」

となかなか決められないことがありませんか?

これは複数のことを同時に判断しようとしているからです。

こういう場合は、まず対象を一つに絞って、先にそれを決めてしまいます。

他のことはまず無視してかまいません。

その一つのことに対して「どうすればいいか?」だけを考えて判断してください。

それが決まってから、他の事を判断するようにします。

もし、他の事を判断した結果、最初の判断に影響が出てくればまた戻ればいいんです。

判断の結果を自分以外の人に伝えなければ、判断を変えても何の問題もありません。

何度でも変えていいんです。そうやっていくうちに、だんだんと正しい判断の組み合わせが出来上がっていきます。

このやり方をすると、判断の迷いは必ず減ります。

細分化する

このようにして、判断の対象を細分化していくと、いくつかメリットが出てきます。

それは判断の精度がだんだん上がってくることです。

対象の範囲が狭くなってくるので、判断を間違う確率が減ります。

さらに、細分化することでより原則的な判断をすることになるので、自分なりの「基準」が生まれて判断の再利用がやりやすくなります。

つまり、「こういう時にはこうする」というルールが生まれます。

ルールになればしめたもので、判断は一瞬でできるようになります。

作業も判断も細分化すれば、とっかかりやすくミスも少なくなります。

「これって、細分化できないかな?」

とプラスアルファで考える癖をつけませんか?


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。


前の記事

やりぬかないという選択

次の記事

価値観と強みの見つけ方