「#iPadで手書き」に参加してきました。

年末にBlogで「自分は何にワクワクしているのか?」という記事を書きました。

その中で、新年を機に面白そうだと感じたものには積極的に関わってみるために、「iPad手書き活用セミナー」に参加すると宣言しています。

そして昨日、実際にそのセミナーに実際に参加してきたので、その感想をお知らせしたいと思います。

外部からの刺激

やはり自分にとっては行って良かったというのがまず、素朴な感想です。

iPadは結構昔から使っていて、そこそこ知っているつもりでした。

実際に、お話の中では既知の情報も幾つかあったのですが、それを改めて人から直接「話してもらえる」というのは、自分が「読んで」知るというのとは別の刺激があるということが分かりました。

講師のはるなさんはITに詳しいのですがWebデザイナーの仕事をされており、説明の観点がこれまで私がツールを見ていた観点と少し違っていました。それが私にとってはいい刺激となりました。
例えば、色の自由度が重要とか、手書きのノートをiPadで再現するとか、いかに少ない手数で仕事を進めるかなどです。

私の場合、ITツールの活用を考えていると、いつの間にか使うことが目的になっていることがあるのですが、そうではなく「何のために」ツールを使うのかを意識しないといけないとあらためて感じましたね。

話をすることの重要性

これまでビジネス系のセミナーはいくつか参加してきましたが、ライフハック系のセミナーは参加したことがありませんでした。
実際に参加してみて感じたのは、「興味あることを人と話すとワクワクしてくる」ということです。

新しいTipsを知ることができたからだけではなく、話して意見交換をすることが重要だということがわかりました。もちろん、そのためには自分で「参加する」という行動が必要なのは言うまでもありません。

みなさんも少しでも興味があることがあれば、まず行動して人と話をしてみてください。そしてその興味がワクワクに発展して、何か新しい事を始めることになれば、私がコーチとして協力させていただきます。
コーチングに興味を持たれたら、遠慮無くこちらからお問い合わせください。

補記

なぜ、このセミナーを知ることができたかと言いますと、私は昔から「ごりゅごさん」という方のBlog「ごりゅご.com」というのを購読していました。今回の講師「はるなさん」はごりゅごさんの奥様で、セミナーの案内がごりゅご.comに告知されているのを見て知ったという訳です。

個人的にはお二人ともネットでは有名な方という認識で、その方たちにお会いできるというミーハー的な目的もありました。セミナーの後に懇親会があり、いろいろとお話をさせてもらいましたが、とても気さくな方たちで楽しい時間を過ごさせていただきました。

また、懇親会ではセミナーに出席されていた他の方とも話が弾み(興味の対象が同じなので当然ですが…)いろいろと新しい情報も仕入れることができました。これも懇親会に参加するという行動をしたからですよね。

関係者の皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

さらに補記

お二人はポッドキャストも配信されています。ライフハックがお好きな方は気に入ると思いますよ。


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。