アイデアを発想するときには整理してはいけない

アイデアを発想するときには整理してはいけない

(2018年8月8日投稿の記事を改編しました)

今回は発想力について書いてみようと思います。

何か新しい事を生み出すにはアイデアを考えないといけません。

「発想力」とか「アイデア」とか書くと大げさに聞こえますが、普段の仕事をもっと効率よくするとか、どこかへみんなで遊びに行くとか、実はみなさんも普段からやっていることなんです。

つまり、普段やっていることを淡々とくりかえす「以外の」ことには、「発想力」とか「アイデア」を使っているわけです。

私も仕事柄、アイデアを考える機会が多いのですが、多くの場合ブレインストーミングやKJ法のようなものを使っています。

他にもいろいろなやり方がありますが、ひとつ気をつけないといけないことがあります。

整理してはいけない

普通、何かを発想するときには「ネタ」を沢山集めます。ブレインストーミングなんかは、この「ネタ」をできるだけ多く出すための手法ですよね。

そして、出てきた「ネタ」をどうするか?

これを「整理」しようとしてはダメなんです。「分類」と言ってもいいかもしれません。

ここだけ読むとミスリードしそうなので補足すると、「既存の分類方法で分類しちゃダメ」です。この「既存の分類方法」とは、何かの基準がすでにあって、それに当てはめていくことです。

例えば「コストの高い順番」とか「業務別」とかですね。

こういう整理がいつもダメという訳ではなくて、目的が違うんですね。例えば、「分析」をするために整理するのはありです。

「3C分析」や「4P分析」というフレームワークがあります。これらはまさに分析をするためのフレームワークなので、あらかじめ定義された3つのCやPに、出てきた項目を分類していくのは、正しい作業です。

話をKJ法に戻します。

KJ法をやったことがある人は思い当たると思うのですが、たくさんネタを出した後、グルーピングしますよね。

「あれも分類でしょ?」と思う人もいると思いますが、あれは既存の分類方法ではなくて、KJ法をやっている人が、「その場で考え出した分類」なんですね。

何かルールがあって分類しているわけではなく、その人がネタの断片をすべて見た上で、「このネタとこのネタは何か関連あるな…」と思って組み合わせているわけです。

そして、この「何か」というものが、実は後々に具体的なアイデアに化けていくんですよ。

別の見方をすると、普段だったら一緒に扱わないものをあえて同じ土俵に上げて、「何か関連がないか?」と考えるところが発想のスタートなのです。

だから、いろいろなものをネタとして、数を出すことがブレストでは、とても大事になります。

つまり発想力のポイントとは、ネタの数と関連性を考える力ということですね。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。