意志決定を支援するツールはとてもシンプル

意志決定をするときは、まず選択肢をすべて出しきらないといけません。

なぜか?

出し切った達成感がないと、決断するときに迷いが生じるからです。

「あぁ…、もっと他にいい方法があったのかもしれないなぁ」

などと思い始めると、とても決められないですよね。

「よし、これですべてだ!この中に必ず最適な答えがある!」

そう思える方が断然いい決断ができると思いませんか?

闇雲に考えるだけでは混乱する

だからと言って、

「ああいうのもあるな…。おっと、こういうのもある…。いや、あれを忘れてた。」

などと、頭の中で漏れがないように考えていると、とっちらかって訳が分からなくなります。

選択肢を書き出す

だから、思いついた選択肢はすべて頭の外に書き出しましょう!

手書きならポストイット、PCやスマホなら電子付箋のアプリをつかうか、テキストのグルーピングが簡単にできる、アウトライナーのツールを使えばいいんです。

選択肢を書き出しながら、グルーピングして整理して、それを眺めながらまた新たな選択肢を思いつく…。

そう、やろうとしていることはKJ法のようなものなのです。

思いつく選択肢を書き出して眺めていると、似たようなものだったり、表面上は別物のように見えていても、実は中身は同じだったりするものがかならず出てきます。

このような整理を、単語を5個しか覚えられない人間のワーキングメモリだけで処理しようとしても、絶対無理ですよー。

だから、頭は考えるだけにして、出てきた選択肢は頭の外で「手」も一緒に使って整理してください。

コーチングにおける意志決定

もちろん、コーチングでもクライアントの意志決定のサポートを行います。

しかもコーチングでの意志決定のレベルはもう一つ上です。

なぜなら、選択肢を出す時に「話す」からです。

人に話す(説明する)ことは、書き出すよりも一段レベルが上がります。

書き出す場合が自分だけが分かればいいのに対して、話すことは相手に理解してもらわなければいけないので、よりまとまった形でのアウトプットが求められるからなんです。つまり選択肢の質が高くなるということですね。

今後決断するときは、いろいろな手段を使って、選択肢を出し切ってからにしましょうよ!

 

 

 


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。
詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。