傾聴してから独断するというやり方もある

最近、得た情報に興味深いものがあったのでご紹介します。それは

「議論せずに決める」

というものです。

どういうことか簡単に言うと、リーダーが他のメンバーの意見を聞いた上で、議論せずに一人で結論を出すというものです。

議論がないので、スピーディーに結論が出ます。

ただ、これについてはいろいろと異論、反論があると思います。

これについて「傾聴」という観点からちょっと考えてみました。

参加者の意見をひたすら聞く

このやり方が機能するとすれば、それには傾聴が絶対必要だと思いました。

リーダーはメンバーの意見を徹底的に聞きます。

自分だけでなく他のメンバーも含めて、一切反論やコメントをしません、させません。

ただし、リーダーのみ質問はします。

その質問は「事実の確認」に徹するものであり、決して「詰問」になってはいけません。

「どこからそんな理論が出てくるんだ!」

などという言い方はもっての外です。

「それはどこの情報ですか?」

と普通に質問します。そして相手が「それは私自身の考えです。」と答えれば、「わかりました。」とだけ発言します。

相手の発言に少し間が空いたら、

「なるほど。それで?」

とさらなる意見を引き出します。

こんな感じで徹底的に相手の意見を聞き出したら。

「ありがとう。あなたの意見は理解しました。」

と言って、次の方の意見を聞き出します。
全員の意見を聞いたら。改めて意見を率直に言ってくれたお礼を言います。

そして最後に

「皆さんの意見はそれぞれ分かりました。これを元に私が私の責任で結論を出します。」

です。

このやり方には

「リーダーが結果の責任を背負う覚悟」

が伴います。

普段でも責任はリーダーにありますが、このやり方は議論がないので、決断の責任はすべてリーダーです。言い訳はできません。

そのかわり、リーダーはメンバーからの事実や意見に基づいて独断します。速いです。

メンバーの納得感

さて、結論が出る速さと引き換えになるのがメンバーの納得感です。

自分の意見が通らなかった人にとっては、議論の中で自分意見を通すために説得するプロセスがないので、納得感が得にくいです。

ただ、ここが重要なポイントなのですが、傾聴によって徹底的に聞いてもらっているので、話した人達はそれなりにスッキリしているはずです。

「意見は通らなかったけど、言いたいことは全部言えた。」

「リーダーも聴くだけはちゃんと聴いてくれた。」

この感覚が、低下している納得感を少しでも底上げしてくれるはずです。

とはいえ、このやり方は自分もやったことがありません。

間違ったやり方(傾聴せずに一方的に上司が決めるは、他の人かやっているのを見たことがありますが、部下の不平感は高かったですね。

やったことがある人は、ぜひ教えて欲しいです。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。