ファシリテーションとコーチングの関係性

何となく会議でファシリテーションをする(というか、してしまう)ことが多いので、この本を読んでみました。

この本のポイントはいくつかあるのですが、以下がが頭に残りました。

意見を言わない

ファシリテーターは自分の意見を言ったり、判断したりはしません。

やむを得ず意見をいう時は、「議論メンバーとして発言します。」と前置きをする。

いろいろな切り口を見せて考えを引き出す

議論メンバーから新たな考えや、アイデアを引き出すために、答えではなく、メンバーへ様々な切り口を提示して、メンバーの自発的な思考を促す。

出てきた考えを整理する

メンバーから出てきたアイデアを整理したり、構造化したりして、わかりやすくし、更に考えを広げたり、深めたりできるようにする。

驚きです。

これって、コーチがクライアントにしていることと「全く」同じなんです。

コーチングにおいてコーチは、基本的に自分の考えやアイデアを話しません。かわりにクライアントに対してさまざまな切り口を提示して、質問し、答を引き出します。

クライアントから引き出した考えを整理し、クライアントにフィードバックして、新たな気付きが得られるようにします。

どうですか?同じでしょう?

さらにゴールを最初に明確にするところも同じです。

会議の冒頭でファシリテーターは以下のことを議論メンバーに提示します。例えば

  • 目的:何のために – 10年後のリーダーを育てる
  • お題:何を議論する – どのような教育をすればいいか?
  • アウトプット:成果物 – 教育プログラム

です。

コーチングもこれら三つを明確にしますが、提示する方向は「逆」なんです。

コーチは提示しません。クライアントがすべて決めます。

  • 目的:クライアントが目指すやりたいこととは何か?
  • お題:それを目指すために必要なものは何か?
  • アウトプット:それをどのように実現していくのか?

クライアントが順番に決めていくので、会議のように最初にいきなり3つを決めることはできません。上から順番にクライアントがコーチと話をしながら決めていく事になります。

一方、違いもあります。

コーチはクライアントの行動を後押しします。私は「伴走」という言葉を使います。

ファシリテーターは成果物の定義ができれば終わりですが、コーチはクライアントと一緒になって、アウトプットが実際に完成するまで伴走します。

ただファシリテーターは会議中の役割なので、伴走は役割の範囲外とも言えますね。

このように、コーチとファシリテーターはスキルセットが似ているので、平行して勉強しやすく、いいペアだと思いました。

ファシリテーションの考えでは、会議では判断をするリーダーはファシリテーションをしてはいけないことになっています。

でも、リーダーが自分より役職が上の人と行う会議ではファシリテーションをしてもいいはず。

そして、リーダーとして部下や後輩と接するときには、コーチのスキルの方を活用すればいいわけです。さらに話題のチームコーチングにも使えます。そうすると、さらにレベルの高い会議ができますね。

そう考えると、ビジネスパーソンがファシリテーションとコーチングを平行して学ぶのはメリットが多そうです。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。