上司・部下とのコミュニケーションの考え方

「上司の考えていることが分からない。」

「部下が何を考えているか分からない。」

よく聞く言葉です。

このことをなにげに考えていて、ふと思いつきました。

「外人さんは何を考えているか分からない。」

これもよく聞く言葉ですし、わたしも子供の頃からいい大人になってもそう思っていました。

でも、ガイジンさんの友達ができると一気に考え方が変わりました。

「外人さんの考えていることは日本人と同じ!」

まあわかってみると、なんてことはない、あたりまえなんです。

言葉が違うから「分からない」と思うのはやむを得ないと思いますが、片言でも意思の疎通ができるようになると、「なんだ同じだ。」と実感することができました。

嬉しいこと、悲しいこと、恥ずかしいこと、怒ること、笑いのツボだってそんなに変わりません。

もちろん文化の違いがあるので、すべて同じだと言うつもりはないですが、普通の交流をしている中では、考え方は9割がた同じじゃないでしょうか(あくまで私の感覚です)。

この状況を最初に話にあてはめて考えると、部下の考え方も上司の考え方も、実は自分とそんなに変わらないということが分かってきます。

上司もその上司が怖いし、後輩にいいところを見せたい、自分もそうであるように、本音と建前がある訳です。

上司はより高い視点で見ているし、若手は比較的柔軟な考え方ができるかもしれません。

でも、程度の差こそあれ、でこぼこはあれ、そんなに大きくは変わらないはずです。

だから

「上司が何を考えているか分からない。」と感じたら、自分が上司と入れ替わったらどうかと想像してみる。

もしくは、ガイジンさんと友達になるときのように、部下や上司と雑談をしてみる。

そうすれば

「何を考えているか分からない」

から

「何となく考えていることが分かるような気がする」

ぐらいには変わるはずです。

だからといって、相手に遠慮したり折れたりする必要は無いと思います。

ただ確実に視点が変わるので、もし何かが停滞している状況であれば、それを打開できる可能性があります。

「み〜んな、考えていることは同じ!」

結構、いい線いってると思いませんか?


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。