部下や後輩をより成長させるには

部下や後輩に対して「指示する」「教育する」よりレベルが高い手法は「引き出す」です。

  • やるべき事や、やり方を伝える「指示」。
  • 後に、自分でもできるようにする「教育」。

これらより、自分も相手もハードルが高いのが「引き出す」。

「引き出す」は、「何をやるか?」「どうやってやるか?」を相手に考えてもらうということです。

教えてもらわずに独力で考える必要があるので、相手も大変です。

でも、うまく引き出すことができたら、相手のレベルはかならず一段上がります。さらに、考え方をマスターしたので、ちょっと異なる課題にも対応力が増します。

一方、自分も大変です。答えを知っていても、「言わない」ことが必要になってきます。

相手から答を「引き出す」ためには、当たり前ですが話してもらう必要があります。

話してもらうには、相手に質問しなければいけません。質問なら何でもいいという訳ではなく、相手が答えに気がつくような質問をしなければいけません。

相手の思考を読む

そのためには、相手の答をよーく聴いて、相手が何を考えているかを自分も理解するようにします。そして、

相手の考えが正しい方向に向かっているなら、深ぼる質問をします。

「それって、どういうこと?」

「具体的に言うとどういうことなんだろう?」

もし間違っていたら、方向を少し変える質問をします。

例えば、相手の思考が東に向かっていたら、東南とか北東の方から質問する感じ。

「なるほど…。それって効率の観点から見たらどうなる?」

「そのセールストークは、お客さんの今のお困りごととどういう関連性があるんだろう?」

こんな感じです。直接答は言っていませんが、誘導はしてますね。

でも、これで相手が何かに気づいて方向修正をすればゴールに近づきます。

誘導にはリスクがある

これには致命的な欠点があります。

誘導している自分が常に正しいとは限らないということです。

経験が豊富な方が正しい可能性は高いですが、でも100%ではありません。

さらにもう一段上の方法

「引き出す」のもう一段上の方法は、「誘導せずに引き出す」です。

自分も経験や先入観を捨てて、0から一緒にスタートする方法です。

あらかじめ答を持っていないので、質問は純粋な質問です。そして自分の意見はあえて言わずに、質問をして「引き出す」事に専念します。

最終的に、相手から引き出した考えに、自分も納得できれば大成功です。

ちなみにコーチングでは誘導をしません。クライアントの答が常に正しいと信じます。

最後のパターンに近いですが、まだちょっと違いますね。

でもコーチングのスキルは十分に使えますよ。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。