仕事を頼むときと寄付を集めるとき


寄付を集める時に必要なことは、まず問題点を共有すること。共感してもらうことが重要。「自分たちがこんなことをやっている」はニ番目 。


メモを読み返していると、こんな言葉が出てきました。

私はこんなかっこいいことは思いつかないので、何かの引用だと思います。

例えば街頭募金の場合は、どういうことだろうなぁと考えてみると、

「我々はxxxを助けるために募金活動をしています。ご協力をお願いします!」

と伝えるのは二番目だということですね。それよりも

「xxxは今、こういう状態で大変困っています。それは○○○が理由で政府から補助が受けられないからです。」

と説明することが大事だと言っています。その困った状況に共感して貰うことで、募金活動に協力してくれると。

なるほど。納得がいきます。

仕事の場合は?

同じことを仕事で考えたらどうなるか?

何か協業をする時や、仕事を依頼するときもそうですね。

そういうときも「問題点の共有」と「共感」はとても大事だと思います。

「今、こんな事で困っている(『お客さんが』とか『自分が』とか)」

これをしっかり理解してもらって、相手が

「そりゃ、確かにそうだ。困るだろう。」

と共感してくれれば、相手も巻き込みやすいし、真剣にやってくれるでしょう。

これを無しに、いきなり

「これをやってくれませんか?」

と言っても、

「何か、よくわからんのに、いきなりやってと言われてもなぁ…。」

とモチベーションが上がらないと思います。

背景説明が重要だと言いますが、もう少し具体的に「問題点」を意識して、相手に説明をすれば、相手の納得度も上がるだろうなということを、古いメモから思いつきましたという話でした。

 

 

 


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。
詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。