そんなことを相手は知らない

先日、コミュニケーションの難しさを体験したので書いておきたいと思います。

仕事で「ある条件」を満たすと、作業が1つ増えるというものがあり、全体で作業がいくつあるかを集計する準備をしていました。

相手の方と、条件について確認をしながら話をしている時です。

「そうすると、これで1つ増える訳ですね」

とかなり確信を持っていったところ、

「1つではありません。もっとあります。」

という回答が返ってきてギョッとしました。

あわてて確認しました。

私としては、「ある事が起こるたびに」というつもりで話していたのですが、それが相手には伝わっておらず、相手は「何回起こっても1つ増える」と私が言っていると思ったそうです。

その場で誤解が解けたから良かったけど、そのままにしておいたら後々、問題になるところでした。

よくよく考えると、「ある事が起こるたびに」は私の頭の中だけにあり、相手には伝えていませんでした。

当たり前ですけど、自分が思っているだけでは相手に伝わりませんね(テレパシーでも使えない限りは)。

そして、相手も同じ考えだろうと勝手に決めつけるのも大きな間違いです。

これって、けっこう「あるある」の話だと思いませんか?

「言葉にする」「文字にする」というのは本当に大事。

楽をしたいのでどうしても省略しがちです。

そして、これは普段の距離が近い相手ほどおちいりやすい罠でもあります。

つまり、家族や恋人とのコミュニケーションでは注意です!!


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。