自己啓発系のアドバイスで「自分がメンターと慕う人の行動をまねよ」というものがあります。

でも、一回や二回まねたところで、それが継続されないと意味がありません。言葉どおり「まね」で終わってしまっては、自分の本質的な行動は変わりませんよね。


「人生を変える習慣力」で、豊かな生き方ができる人・できない人の違いがわかる?

私たちの人生と自分を動かす習慣は根深いものであり、単純な行動の真似だけで人生が変わっていかないことがよくわかります。しかし、深層構造に目を向け、感情習慣・思考習慣を変えることができれば、人生は好循環のスパイラルに入っていくはずです。

lifehackerより引用


引用した記事では、継続することを「習慣化」と呼んでいます。そして、行動を習慣化するためには、行動だけではなくそれの元になっている「思考」さらに掘り下げて「感情」の習慣を変えなければならないと説明しています。

感情の例を上記記事から引用します。

悪循環を招く感情

  • 恐怖/不安/リスク
  • 自己否定感
  • 義務感/リスク回避

好循環を招く感情

  • 希望/好奇心/チャンス
  • 自己肯定感
  • わくわく感情/楽しいこと

なるほど。確かにそうです。

じゃあ、振り返って自分はどうなのか?

行動であれば、表層的に振り返れば自分が何をやったかわかります。しかし、思考や感情はすぐにはわかりません。

自分と向き合う

自分が持ちやすい思考や感情はじっくりと自分と対話しないと明らかになってきません。

その時にどういう思考で行動したのか、その思考の底にどんな感情があったのか。

これを後から思い出すのは難しいことだと思います。

思考ログ

実は私はこの方のメールマガジンを読んで、思考ログというのを付け始めました。

自分が何かをするときにどういうことを考えていたのか、どういう感情を持っていたのかを簡単にメモしておくというものです。

自分の思考や感情パターンを認識せずに、メンターの行動パターンだけをまねても身にはつかないと思っています。

この思考ログの顛末がどうなるかについてはいずれこのblogで紹介したいと思います。

自分のパターンがわかって、それが悪循環を招くものだったら、小さな事からその感情を変える癖を付けて、それによる成功体験を積み重ねる事で、思考パターンを変える事ができます。そうすればおのずと行動パターンも変わってくるでしょう。

自分一人で自分に向き合うこともできますが、コーチと一緒ならコーチがクライアントの思考や感情を引き出すことができます。

コーチングに興味を持たれたら、遠慮無くこちらからお問い合わせください。


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。