会社を選ぶ基準は人それぞれだと思います。

報酬や自分がやりたい仕事かどうか、などがあるとおもいます。

そのなかで「この会社が好き」という理由で決めた人もいるでしょう。


人が辞めない!ビームス、離職率3%の衝撃——「一緒に働きたい」を重視する採用

遠藤副社長が臨む3次面接では、「『自分の部下として一緒に働きたいか』『自分で育てられるか?修正できるか?』を軸に、具体的にシビアに見る。いくら優秀でも、社内で働いているところを想像すると、収まりが悪い方、座りが悪い方、優秀すぎる方は、他社や一部上場企業で活躍されたほうがいいかと思って内定を出さない」と言い切る。

Business Insiderより引用


採用する側もいろいろな理由があると思いますが、一般的には「優秀な人」を採用したいと思っているはず。そこから考えるとビームスの採用理由は珍しいでしょう。

ビームスが好きな人を採用する

何よりもビームスそのものが好きな人に来て欲しい。

文中にもあるのですが「努力は夢中に勝てない」という言葉が印象的でした。

意識して努力するのではなく、何も考えずに仕事に没頭するほうがより成果を出すことができるし、スキルもアップする。

会社も、たとえスキルが足らなくても「育てる」つもりで採用している。

スキルではなく、信頼感でつながっていますね。

仕事に限らず、信頼関係を構築するためには話すことが重要です。

自分の考えを整理して正しく相手に伝え、自分も相手の考えを正しく理解した上で、必要があれば議論をします。その過程で信頼感が醸成されていくのです。

自分の考えを整理するには、紙に書き出したり人に話したりすることが有効です。

信頼関係を構築したい相手と話す「前に」コーチに話をしてみませんか?

コーチは聴くことが得意です。もし考えがまとまっていなくてもコーチと話をしていくうちに、ご自身の考えが整理されてきます。

一度、コーチと話をしてみませんか


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。