お年寄りとのコミュニケーション

夏休みで実家に戻って来ています。

タイトルの「お年寄り」というのは、そこそこ年老いた母のことなんですけどね(笑)。

たまに実家に帰るといろいろと仕事を頼まれます。
母はやってほしいことを一所懸命、私に話をするのですが、よく理解できません。

母の性格にもよると思いますが、自分が考えていることをそのまま口に出して説明しようとします。でも、やってほしいことに関する背景情報が私には無いので、うまく伝わらないのです。

こういう場合、話を遮らずにひたすら聞きます(傾聴です)。ひとしきり話終わってから、こう言います。

「言いたい事がよくわからん」

親子なので邪険な(笑)言葉遣いですが、これも一つの「フィードバック」です。

そこから質問をして課題を一歩一歩、明らかにします。

  • 「どこの何がおかしいのか?」
  • 「今まではどうだったのか?」
  • 「どうしたいのか?」

これでやりたい事がわかるので、後は自分がやり方を考えてそれを教えてあげることになります。

話をしている時はあまり意識していませんでしたが、あとから考えると「これもcoachingの技術の一つなんだな」と気がついたので、夏休みのエントリーと一つとしてアップさせてもらいました(笑)。


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。