ひとはなぜ、相手の批判をしてしまうのか?

「私がxxxしているのに、どうしてあの人はxxxなの!」

「xxxさんは全然分かってない!」

私も人間関係に関わるコーチングをしたことがあります。

クライアントの方の口から出る言葉は大抵こんな感じです。

クライアントは、悩みの対象となっている人の人格を否定しないまでも、行動や言動が適切ではない、間違っているという主張をされます。

本当に間違っているのでしょうか?

あなた(クライアント)が正しくて、相手の方は間違っているのでしょうか?


ストレスを解消。気持ちの切り替えが遅い人の悪習慣を改善する方法

ストレスの8割は人間関係とも言われます。人間関係のすれ違いは、自分と相手とのズレが生じた時です。「なんであの人の言い方には思いやりがないんだろう」「あの人は細かいことばかりにこだわるんだろう」と批判しがちです。しかし、問題の本質は、自分とは違うものの考え方、価値観、性格タイプがあるということに思いがいかないからです。

男女のすれ違いも同じで、男性と女性は考え方、感じ方が違います。違いを尊重する、違いを認識して多様性を理解するだけで楽になります。

lifehackerより引用


上の記事にあるように、ものの見方や価値観は人によって千差万別です。自分がある人の言動を間違っていると感じても、ある人の見方や価値観はでは正しいかもしれません。

本人が正しいと考えているのですから、他の人が間違っていると伝えても、「そっちが間違っている」と反発するのが当たり前でしょう。

自分の考えを曲げる必要はありませんが、相手の考え方を理解しないとお互いに前に進めなくて、永遠に課題は解決しません。

「納得」しなくてもいいのです。「理解」さえすれば。

こういうときの魔法の言葉は

「もし、私があの人だったらどう思うか?」

立場を置き換えるだけで、相手の考え方を理解しやすくなります。

コーチングのセッションでは、コーチがこのような質問をいろいろとすることで、あなたが多様性を理解する助けをしていきます。

コーチングに興味を持たれたら、遠慮無くこちらからお問い合わせください。


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。