「初志貫徹」することは尊い事か?

「初志貫徹」という言葉があります。
「最初の志を最後まで貫き通す」という意味です。
対称的な言葉として「朝令暮改」というのがありますね。
”朝出した命令を夕方には変更する”ということから「方針が定まらないこと」を意味します。
「初志貫徹」と「朝令暮改」。どう考えても初志貫徹のほうが偉くて、かっこよく見えます。

どっちがいい?

では初志貫徹のほうが正しいのでしょうか?
私はそうは思いません。
「貫徹」する、もしくは「暮改」する理由によってはそうしないほうがいいと思います。例えば、

なぜ?「初志」を「貫徹」するのか?

例えば、「年内に起業する」という目標を立てた時、行動していく中で起業するにはxxxのスキルを取得した方がいいことがわかり、そのためにはスクールに通うのが最適で、それの修了が年明けになってしまう場合。
この場合、「初志」を「貫徹」してスクールに行かず、あくまでも年内起業を目的に行動すべきでしょうか?
私は目標を変えるべきだと思います。

なぜ?「朝令」を「暮改」するのか?

同じ目標を立てた時、年内に退職して起業するプランでしたが、今の会社で昇給したから「暮改」して起業を延期するというのはどうでしょうか?(起業の理由が今の会社の給料が安いという理由ならば別ですが)
私は変えるべきではないと思います。自分がやりたい(やるべき)ことがあって、起業すると決めたのであればそうすべきだと考えます。

基準は何だろう?

これだという唯一の基準はありません。
ただ一つ言えることは、目先より将来の[メリット]になるように判断すべきだということです。
実はこのように行動することはとても難しいです。人は目先のメリットにすぐ流されてしまいます。
判断する時には、それを選択することで失うものは何か?それは今の果実か?未来の果実か?自分自身に問いかけてください。


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。