部下にルールを守らせる方法

「これはルールですから」とか「これはもう決まったことですから」という発言は、聞かされる方にとってはかなりいやな言葉です。多くの場合、モチベーションの低下を引き起こします。

発言している側からすると、実は自分も同じことを言われて、それをそのまま次の人に伝言ゲームしている事が多いです。

会社ではこのようなシチュエーションがよく発生します。

この時、ひと工夫すればモチベーションの低下を最小限に食い止めることができます。

それは何かメリットを付け加えて話すことです。

「これはルールだから従って」

ではなくて

「このルールを守るとあなたにこんないいことがあるよ」

と伝えることです。

「だからこのルールをうまい具合に利用しましょうよ」

まで持っていけると、印象がかなり変わってきます。

場合によっては、かなり苦しい説明になるかもしれません。でも本来、ルールは何かを守るためのもののはずです。何かしらのヒントはあるはずです。

実はある方から

「ルールを守るものはルールに守られる」

という言葉を教えてもらい、今日のエントリーとなりました。

 

 

 


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。


「ストアカ」というセミナーマッチングサイトを通じて、セミナーを開催しています。

コーチングの技術を使った「リーダー向けコミュニケーションセミナー★メンバーとの関係性が改善!」をお伝えします。

以下のような方を対象としています。

  • メンバーが何を考えているかわからない...
  • いまひとつ、メンバーと話がしっくりとかみ合わない…
  • メンバーに遠慮している...
  • メンバーといつも言い合いになる...
  • 部下がいつも不満そうな顔をしている...
  • 部下の能力をもっと引き出したいと思っているけど、上手くいかない...
  • 部下が言うことを聞いてくれない…

Zoomによるオンライン講座として開催いたします。

講座内容や日程についてはこちらを参照ください。

働き方を変えると共に、コミュニケーションのあり方も変えてみませんか?