上司は何でも知っている?

コミュニケーションでもコーチングでも「傾聴」は大事なキーワードです。

でも、なかなか実行できません。上司と部下の関係ではそれがさらに悪くなる傾向があります。


リーダーはなぜ話を聴かないのか

それにしても、リーダーはなぜ話を聞こうとしないのでしょうか?

著者によれば、もっとも本質的な理由は、リーダーが相手の心を読めると思っているから。相手がなにをいおうとしているのか、いう前からわかっているつもりでいるということです。

ある調査で、人はふだんから「自分は他人の考えていることがよくわかる」と、自分の聞く力を過大評価していることが判明した。自分の基準で相手を解釈しているわけだ。

だが、この調査の参加者は、他人の考えを読み誤っていたうえに、自分が思い違いをしていることにも気づいていなかった。

lifehackerより引用


引用した記事は、『EINSTEIN’S BOSS アインシュタインズ・ボス 「天才部下」を率いて、最強チームをつくる10のルール』という本の紹介記事です。

これの「リーダーが相手の心を読めると思っているから」という部分に惹かれました。

上司と部下の関係性では、どうしても上司は部下よりも自分の方が物知りだと思いがちです。だから話を聴く前から、相手の言うことが大体わかっている「つもり」になります。

そう思ってしまうと「傾聴」からはほど遠いコミュニケーションになります。

自分が分かっていると思い込んでいるので、相手の言っていることを上っ面しか聞きませんし、聞きながら(聞くふりをしながら)、次に自分が言おうとしていることを考えてしまいます。

間違った理解に対して意見をいうことになるので、相手(部下)からすると、「この人は何を言っているのか?全然トンチンカンなことを言っている!」となって、ミスコミュニケーションが発生するわけです。

謙虚になる

こんなトラブルを防ぐためには、シンプルに謙虚になって相手と接することです。

リーダーシップと謙虚は相反するものではないと思います。リーディングすることは「偉いこと」と勘違いしてはいけないですね。

 

 

 


先着1名様「ストアカ」でオンラインセミナーをやります !

コーチングの技術を使った「部下と新しい関係性を築くコミュニケーションスキル」をお伝えします。

以下のような方を対象としています。

  • 仕事ではじめて部下や後輩を持つことになり不安を感じている方
  • 新任マネージャーの方
  • 新しく来た部下とのコミュニケーションに困っている方

通常ストアカは対面講座ですが、昨今の状況から判断して特別にZoomによるオンライン講座として開催いたします。

講座内容や日程についてはこちらを参照ください。

次は4/25(土)に開催します。


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。