やりたい事が思いつかない

やりたいことがない、やりたい事が見つからないという人がいます。

なぜ?

と言っている私自身、実は幼少の頃、

「大人になったら何になりたい?」

と聞かれて

「お父さんのようなサラリーマンでいい…。」

と言ったことを今でも鮮明に覚えています。

「でいい」という言い方は、父親に対してもサラリーマンに対しても、とんでもなく失礼でした(反省)。

変に冷めているわけもなく、別に普通の子供だったとおもいます。当時は普通に外で遊んだり、野球もしてました。

本も好きで伝記ものや、科学の百科事典もよく読んてました。

でも、読んでいる伝記も発明王エジソンとかモノがらみでしたね。

ヒトではなくモノに興味を持っていたのかもしれません。

もう一つ、我が家は父が忙しく、かつ出不精だったので、あまり外出していませんでした。

結果として、人が働いているところというか、社会との接点を持っている人を父親しか知らなかったのでしょう。もっと言うと、世の中のことをあまり知らなかったからかもしれません。

だから、父親と同じでいいという発言になったのではないかと、今更ながらに思います。

人に接する

こういったことから思い返すと、いろいろな人に会って、その人が仕事やブライベートで何をしているかを聞くことで、やりたい事というものに興味が湧くのではないか…。

私自身も成長していろいろな人に会い、話をしました。その中でいろいろなことに興味が湧いたりしました。コーチになったのも、会社の研修でコーチの方と話をしたのがきっかけです。

さて、話を戻します。

やりたい事が見当たらない方、特にわたしのような中高年の方。

いろいろな人に会って、話をしてみませんか?

わたし自身も、もっといろんな方とお話をしたいと思っています。

「何を」、「どのようにしているか」を聞くことで、新たな興味がわいてくるはずです。

それをきっかけにして、自分の今後の活動を設計していきましょう。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。