課題解決とパズル


私のキャリアのスタートはプログラマーでした。

バリバリの理系だったのです。

プログラムを書くのも好きだったのですが、デバッグも好きでした。

デバッグというのは、プログラムにミスがあって設計どおりに動かないとき、そのミスを探し出して修正する作業のことを言います。

実は、この「デバッグ」というのは「課題解決」そのものなんです。

つまり「設計どおりに動かない」という課題を解決していく作業なんですね。

この作業がなぜ好きだったかというと、ゲームの「パズル」みたいな感じがしていたからなんです。

さて、このパズルを解くプロセスをご紹介します。

事実を認識する

まず、どのように「正しく動かない」のかをちゃんと確認します。

「こう操作したらこれが表示されるはずなのに、別なものが表示される」

とか

「でも、こう操作したら正しいものがちゃんと表示される」

など、「正しく動かない」条件を明らかにしていくんですね。これが結構大変だったりします。

ここをいい加減にしていると、間違った修正のやり方をしてしまうことがあります。

仮説を立てる

次に、「もしかしたら、プログラムのここが間違っているのかもしれない」とあたりをつけるんですね。

事実をちゃんと確認しておくと、「こういう場合だけ正しく動かないなら、このあたりが間違っているかもしれない…。」と見当がつくんですね(まあ、ある程度の経験が必要ですけど)。

そして、プログラムをよーく眺めて、確かに間違っていることがわかったら、そこを修正するわけです。

検証する

修正したらテストします。

一発でうまくいくこともありますが、ダメな場合はもう一度仮説を立て直します。

気をつけないといけないのは、色々と条件を変えてテストしないと、うまくいったように見えても、別の条件だとやっぱりうまく動かないということがあるんですね。

行き詰ると相談する

仮説が全て外れてしまうと、なすすべがなくなったように思えます。

でもそういう時は、仲間に相談するとヒントがもらえたり、話しているうちに自分で新たな仮説に気づくこともあります。

パズルもそうですよね。

全体をよく見て、こうしたらいいんじゃないかと仮説を立てて、やってみて、ダメならやり直す。このステップを楽しんでいるんです。

ビジネスの課題解決もまったく同じです。

事実を正しく認識することも、解決方法の仮説を立てることも、やってみることも、相談することも。

だからパズルのように、問題を解決する「過程」も楽しみましょう!


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。