ポジティブ・シンキングとかポジティブ思考とか言われるものがあります。

物事をなんでも前向きに考えることです。

「大丈夫、大丈夫!」とか「何とかなるさ」と言葉とセットで語られることが多いですね。


どんなこともプラスに変えるコトバ

いろいろやらかしているのですが、そんなときに独り言のように唱えるコトバがあります。

それは…

「ツイてる」

という一言です。

「マロン先生の奮闘日記ブログ」より引用


この記事を読んで思ったのは、同じポジティブ思考でも「大丈夫」や「何とかなるさ」のパターンとはちょっと違うなということ。

例えば記事の中で例として上げられているのですが、

「レストランで注文していたのと違うモノが来た…」

この時、さすがに「大丈夫」とは言いませんが、ポジティブ思考なら「まあ、いいか」ぐらいの言葉で怒らないようにします。

でも、この方は

「ツイてる」

と言います。それは

「新たな料理を開拓できる」

と考えるからだそうです。

視点を変える

「まあ、いいか」がネガティブなことをしなやかにスルーするのに対して、「ツイてる」は事実の受け止め方を変えているのですね。

「欲しいものを食べられるかどうか」という視点から「未知のものに出会える」という視点に切り替えることによってポジティブ思考に持っていくのです。

そう思うと本当にツイてるという気になりそうです。

ちなみに、なぜこの記事を取り上げたかと言いますと、この「視点を変える」というものは、コーチングのセッションでとても重要な働きをするからです。

考えが行き詰まっているときは、大抵視点が固定化・硬直化しています。ある視点で先に進めなくなってしまったら、それ以上いくら考えても無理です。

でも、視点を変えると「え?」と思うぐらい新たな考えが浮かびます。

よくある例は「もし自分が相手の人だったらどう思うか?」です。人間関係で悩んでいるとき、このように視点を変えると相手の見方が変わってくることがよくあります。

自分一人でも視点を変えることはできます。でも、コーチなら視点を変える事ができる「質問」を客観的にクライアントに投げかけることができるのです。

コーチングに興味を持たれたら、遠慮無くこちらからお問い合わせください。


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。