「強いメンタル」というのは結局のところ…

自分自身がタフなメンタルを持っていないと思っているので、ついついこんなタイトルのブログ記事を読んでしまいます。


メンタルが強い人がやらない13のこと

4. 自分がコントロールできないことにこだわらない

(中略)

7. 過去について、くよくよ考えない

(中略)

9. 他人に成功に腹を立てない

Business Insiderより引用


何となく、「強い」メンタルという屈強そうな先入観をもって読もうと思っただけに、13個の項目は最初拍子抜けに感じました。

何と表現していいかわかりませんが、「そうかー、やっぱり強い人はそんなことはやらないんだなー」のようなものを期待していたのだと思います。それに反して、「そんなことなの?」というものがリストされていた印象です。(唯一「6. 想定内のリスクを恐れない」はなるほどと思いましたが…。)

でも、読み終わってよく考えてみると、当たり前のように思えることをやる、いやこの場合は「やらない」ことが、重要なのだなと思い、このブログで引用することにしました。その中でも、コーチングに関連しそうな3つをピックアップすることにしました。

「自分がコントロールできないことにこだわらない」

人間関係でストレスを感じているクライアントの多くは、相手の方をコントロールしようとして、できないことにいら立ちを感じることが多いです。

そうではなく、相手に情報を与えたり、環境を変えたりすることで、相手がおのずと変化することに期待します。

「過去について、くよくよ考えない」

過去を振り返るのは事実を確認するためだけです。そして常に未来にあるゴールを考えるようにします。

確認した事実が良いものであれば、それは自分の武器として未来に活かします。

悪いものであれば、それを未来に引きずらないようにしたり、ひっくり返して逆のことを未来に活かすようにします。

「他人に成功に腹を立てない」

自分視点で相手と比較しないようにします。むしろ、相手視点で自分を見たりするようにします。

自分が相手の立場だったら自分を見てどう思っているか?腹を立てている姿を見てどう感じるか想像するようにします。

こうしてみると結局の所、強いメンタルというのは「平常心を保つ」ということなのだなということがわかりました。

 

 

 


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。
詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。