継続の魔力を味方に付ける

何かを「これまでやってきたから」という理由で継続していることありませんか?

いわゆる「惰性」です。

「惰性」には、「無駄なことをダラダラと続けている」というネガティブなイメージがあります。

投下しているエネルギーに見合ったリターンが、はたして将来に得られるのか?

でも一度やめてしまうと、再開するには相当なバワーが必要になります。

なので、こう考えてみたらどうでしょう?

活動が実を結ぶまでまだ時間がかかるのかもしれない

惰性と言えども、何かを継続すれば、何かが蓄積します。それはあなたの財産であり、未来のリソースにもなる。

利率の低い積立貯金とでも言いましょうか。

そして活動を継続すること自体は惰性という「流れの力」を利用し、あなた自身のバワーをモチベーションに注入していく感覚です。

モチベーションが上がってきたら、単なる惰性ではなく、その活動がよりよくなるための改善活動に結びつけていきます。

そうすれば、積立貯金の利率が上がっていき、大きな利益を生むことになります。

つまり、ずっと惰性をつづけるのはだめだけど、止めてしまうよりはましという考え方。

この考え方で大事なのは、自分で「惰性の期限」を決めておくことです。

期限を過ぎても、改善のモチベーションが湧いてこないなら、それは残念ながら、あなたにとって意味のある活動ではなかったということです。

逆に時間を無駄にしないように、スッパリとやめるべきでしょう。

 

 

 


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。
詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。