習慣化の罠

私は毎朝、駅まで歩くときにイヤフォンで英会話の番組を聴いています。

家を出て、歩きながらイヤフォンを鞄から出して装着するのですが、ある朝、イヤフォンを家に忘れたことに気が付きました。

その時、自分でもビックリするくらい腹が立ったんですよ。

イヤフォンを忘れた事が、そんなに問題か?

たかだか、イヤフォンを忘れただけですよ?でもその時は、猛烈に自分自身に対して腹が立ちました。

今さらですが、なぜあんなに腹が立ったのかを考えてみました。
まず、頭に浮かんだ理由は

「これまでは、できていて当然な事ができなかった。」

という感情ではないかということです。

じゃあ、なぜそんな感情が湧いたのか?
そう考えると、次に浮かんだのが

「ルーチンが破られた」

という事実です。

つまり、ルーチンが大事だと思っているという訳です。

ルーチンとは習慣化されている行動だと考えると、体に染みついている行動ができなくなったので、気分が悪いという結論に達しました。

つまり、私の中では駅まで歩くときに英会話を聞くのが「習慣化」されていたということになります。

習慣化のメリットと罠

「よい行動は習慣化しましょう」
と自己啓発系のブログではよく書かれることです。わたしもそのとおりだと思います。

実際、英会話の勉強が習慣化されているわけなので、喜ばしいことです。

でも、今回のことでデメリットも見えてきました。

それは「決められたレールを走るだけになってしまう」ということです。

いつものレールに乗って、いつもと同じように行動することが快適になってしまうと、レールを外れることによる新たな発見や、行動を改善する機会を逸するということになります。

たまには、あえて習慣を破って、何も聞かず別の道を歩いて街中の風景を見るとか、英会話ではなく他のポッドキャストや音楽を聴いてみるとか、そういうことをやってみるべきなのだなと気が付きました。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。