気づいていない「本音」がモチベーションを下げる

モチベーションが下がるのはどんなときだと思いますか?

ネットで見た情報なのですが、本音と建前にズレがあると、やる気が出なくなるそうです。

最初、おおっと思いましたが、よくよく考えると「ズレ」があるからこそ、本音と建前って言うんじゃないの?という気がしてきました。

この視点をちょっと変えてみます。

モチベーションが下がっているのは、

「自分の本音に気づいていないから」

というのは、どうでしょう?

逆に気づいているということは、つまりは、うまい具合に本音と建前を使い分けられているわけで、ある意味、確信犯と言えるでしょう。

確信犯なら、それほどやる気が下がることもなさそうです。

でも、気づいていなかったら?

知らず知らずのうちに本音と建前がズレていて、モチベーションが下がっていきます。

筋が通っていませんか?

心の奥底では本当は「○○○が好き」もしくは「×××が嫌い」と思っているのに、それに気づいていない、もしくは無意識のうちに封じ込めているのかもしれません。

  • 「本当は○○○が好きなのに、×××をしてしまっている…。」
  • 「本当は×××は嫌いなのに、仕方がないからやっている…。」

これではモチベーションが下がります。

じゃあ、どうすれば無意識の本音に気づくことができるか?

好きなものと嫌いなものを「すべて」吐き出す

この「すべて」というのがポイントです。ブレストと同じで、もう無いと感じてから、さらに考えることが重要です。

頭の中だけで考えず、必ず「吐き出して」ください。つまり、紙に書き出したり、スマホのメモ帳に書き出してください。

絶対に他人に見られる心配が無いという前提で、隠れている本音を引き出してください。

そういう意味では紙に書いた方がいいですね。終わったらビリビリに破いたり、燃やしたりすればいいわけですから。

多分、1時間はゆうにかかると思います。

そして、書き出せたら、じっくり眺めてください。

もう一踏ん張り、「なぜ好きなのか?嫌いなのか?」を考えてみてください。これは無理に書かなくてもいいです。

嫌いな理由は、紙にも書けないぐらい生々しいかもしれませんね(書いてもいいですけど)。

さあ、ここまでやるとちょっと状況が変わってきます。

「本音」に気づいてしまったら、行動が変わるかもしれません。

また必ずしも、変える必要は無い場合もあります。気づいた上でそれに反した行動を取るのは、何らかの理由があっての確信犯なのですから。

どっちにしても、モチベーションは再び上がるはずです。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細、登録はこちらからどうぞ


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。