本業の効率を上げて、副業の時間を捻出するためには

副業を考えている人は時間のことを気にしていると思います。

「どうやって副業の時間を捻出しよう」

「時間管理をしっかりしないと」

などと考えていらっしゃるのではないでしょうか?

副業の時間を捻出するためには、本業を効率よく進める必要があると思います。

本業が残業続きで帰宅が遅くなると、平日に副業をする時間も気力も無くなってしまいませんか?

本業で時間管理を大きく狂わせるのは「割り込みタスク」です。

自分では一日の段取りを組んでいたのに、急にやらなければいけない仕事が舞い込んできて、結局遅くまで残業。

「あるある」だと思います。

この割り込みタスク、避けられるものなら避けたい。何でも引き受けていると、本当に自分の時間が無くなってしまいます。

御自身でも「私は何でも引き受けてしまっている」と思う方、一度

「主体的」に考えてみませんか?

主体的というのは、その割り込みタスクが「私」にとってどういう意味なのかを考えてみるということです。

  • 私でないとできない仕事?
  • 私の特徴が活かせる仕事?
  • 私の尊敬する人を助けられる仕事?

単に依頼されたからという他者起点では無く、自分起点で考えてみてください。

そして、納得がいかなければ、丁重にお断りするか、他の方を紹介してみたらどうでしょう?

上手くいけば、このタスクにかける時間を省略できて、結果的に副業に費やせる時間が増えることになります。

「そんな!断るなんてできません」

わかります。そういうケースもありますよね(というか、そっちの方が多いかも)。

上司からの指示だったり、急ぎの要件でやらないとどうにもならないという状況であれば、残業してもやらざるを得ません。

そんな時でも、タダでは転ばないようにしましょうよ。

時間管理のことはいったんあきらめます。

でも、イヤイヤやるのではなく、ここでも「主体的」でいってみませんか?

その割り込みタスクが「私」のためにならないか?

視点を変えて考えてみてください。

  • やったことがない仕事なので、私の新たなスキルになる。
  • 私のリーダーシップを発揮できるチャンスになる。
  • 上司に対して、私をアピールできる。

みたいな感じです。

これって、まさに「ポジティブシンキングをマスターする効果について」で書いたことです。

もし、副業で使えるスキル獲得に繋がるのであれば、時間の観点では副業にマイナスでも、スキルの観点ではプラスにできますよね。

私は数字の計算が苦手なのですが、お金関係の仕事が割り込んできたと期には「自分の経理スキルを伸ばすチャンス」と無理矢理考えて(笑)やるようにしています。

ちなみにこの「主体的」という言葉はコーチングでも重要な位置づけになっています。

コーチングではあくまでも主体はクライアントです。

コーチが「あれをして」「これをして」と指示することはありません。

コーチは「何をしますか?」「どれをしますか?」とクライアントの主体的な行動を引き出します。

主体的なので、やると決めたらモチベーションが湧きます。ここがやらされ仕事と根本的に違うところです。

コーチングに興味を持たれたら、遠慮無くこちらからお問い合わせください。

 

 

 


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。
詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。