話すことが苦手な人が話を弾ませるテクニック

「わたしは、どうも話し下手で会話に苦手意識があります。」

「自己紹介の後、何を話していいか困ってしまいます。」

そんな方に、簡単に話が弾む方法をお伝えします。

質問する

基本は「相手に話してもらう」です。

話すことが苦手なら、まずは相手に話してもらいましょう。

ご挨拶のあと自己紹介をしたのなら、その内容について何でもいいから聞いてみましょう。

「音楽がお好きなんですね?」

もし、相手の部屋に入れてもらえたのであれば、部屋の中の何か目立つものを話しましょう。

「観葉植物がいっぱいなんですね?」

そう聞いた後、相手が何も言葉を続けなければ5W1Hで追加の質問をしましょう。

「どんな音楽がお好きなんですか?」

「なぜ、部屋にこんなに観葉植物があるのですか?」

オウム返しをする

相手が質問に答えてくれたら、それをそのままオウム返しします。

「へー、K-Popがお好きなんですか。なるほど…。」

「観葉植物を見ているとリラックスできるからなんですか。いいですね…。」

ポイントは、必ずしもこちらから次々に話をしなくてもいいということです。

オウム返しをした後、あえてちょっとだけ間を置きます。そうすると、相手がそのネタについていろいろと話し始めてくれます。

もし、相手も何も話をしそうになければ、相手の言葉をよく聞いて、それについて質問をします。

「K-Popというと、どんなミュージシャンがいま流行っているのですか?」

「観葉植物の水やりなんかはどうされているんですか?」

これをくり返すだけです。

もちろん話が流れていく中で、自分が話せる情報をもっているネタに話題が移ったら、今度はご自分から話をしていってもいいと思います。

でも相手の話を聞いているだけでも、コミュニケーションは十分に成立しているんですよ。

なぜなら人は「話を聞いてもらう」ととても嬉しいからなんです。あなたが無理に話題を作って話す必要はありません。

ちなみに、このテクニックは「傾聴」と呼ばれるものの一つです。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


こちらのメルマガも継続中です!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。