相手を褒めるときのポイントは?

仕事で相手(部下)にいい仕事をして貰うには、相手の能力を最大限に発揮して貰う必要があります。

そのためには、やっぱり気持ち良くなってもらうことも一つの条件です。

褒め殺しでほめてばかりというのはダメですが、言い回し一つで相手のモチベーションを上げていくというのは重要ですね。


部下を“その気にさせる”トーク術

一人でできることは限られているので、周囲を巻きこみながら仕事を進めることは大事だ。その際、巻き込まれる側が「前向きに、真剣に、モチベーション高く臨んでくれるかどうか」は、依頼する側の言い方ひとつで変わってくるものだろう。

ITmediaエンタープライズより引用


嘘をついてもいけませんし、単なるおだてもいけません。

事実をベースに相手が気持ち良くなる言い方をしてきましょう。

 

どんな言い方がいいかを考えてみました。

結果だけではなく人にもフォーカスする

仕事の結果が素晴らしかったときに、その仕事の事を褒めたりお礼を言うだけで無く、その仕事を実際にした相手の方に絡めて話す。

「いいレポートですよ。あなたの分析力が生きてますね。」

自分ではなく相手にフォーカスする

話題のポイントを自分起点ではなくて、相手起点にする

×「すごいですね。私だったらこんなことできませんよ!」

○「すごいですね。あなただからできたのですね!」

期待以上にすばらしいものであったなら、それを強調する。

「正直、ここまでいいものになるとは思っていませんでした」

いろいろなケースがあると思いますが、言い方を考えるときは

「自分がどう言われたらうれしいか?」

と考えればいいと思います。

実際、私は上の例を考えるときにそうやりましたから。

 

 

 


メルマガを始めました!!

夢を実現させるためのテクニックを毎回お届けします。

登録いただけた方には、活動が停滞しているいる時に有効な自分自身への質問集「行きづまった時に道が開ける10の質問」をプレゼントいたします。

メルマガ「あなたの夢を実現させる正しいモノゴトの考え方と行動パターン」の購読申し込みはこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。


「ストアカ」というセミナーマッチングサイトを通じて、セミナーを開催しています。

コーチングの技術を使った「リーダー向けコミュニケーションセミナー★メンバーとの関係性が改善!」をお伝えします。

以下のような方を対象としています。

  • メンバーが何を考えているかわからない...
  • いまひとつ、メンバーと話がしっくりとかみ合わない…
  • メンバーに遠慮している...
  • メンバーといつも言い合いになる...
  • 部下がいつも不満そうな顔をしている...
  • 部下の能力をもっと引き出したいと思っているけど、上手くいかない...
  • 部下が言うことを聞いてくれない…

Zoomによるオンライン講座として開催いたします。

講座内容や日程についてはこちらを参照ください。

働き方を変えると共に、コミュニケーションのあり方も変えてみませんか?