課題解決における視座(後編)

前回の続きです。

視座を高くする手法として、「上司の視点で考える」という事を書きました。

でも、「上司の視点なんか想像もつかないよ」という人もいらっしゃるかもしれません。

今回は別の手法について書きたいと思います。

繋がりを意識する

それは、課題の「対象」や「場所」に繫がっているものは何かを考えてみることです。

実際にヒモで繋がっているとかそういうことではありません。

課題の対象に変化が起こると、どこに影響するのだろうか?

課題の周りでルールや仕組みを変えると、どこで何が起こるのだろうか?

そういうことを、観察して考えてみてください。

やり方が難しければ、書類や情報の流れから追いかけるというのも一つの手です。

例えば、課題を解決するために、書類のフォーマットを変えると、周りの部門ではどのような変化が起こるか?

行動する

対象がどこに繋がっているのかを考えるとき、対象の「正面」ばかり見ていても気が付かないことがあります。これは実際の「正面」という意味だけではなく、色々な意味で見えている所というニュアンスです。だって、裏で、どこかと繫がっているかもしれませんからね。

では、どうやって知るか

それは、自分が動いて裏へ回りこむということです。つまり、課題を解決するためには、自分が行動するということが大事なんですね。

行動すると視点が変わって見えていなかったものが見えてきます。

このようにして、繫がりと影響を知るということが、すなわち、複数の人間や部門を俯瞰している、上司の視点のひとつという訳です。

どうでしょうか。2回に分けて視座のことを書いてきました。

視座を高めるというのは、視点を高くするということであり、それはより広い範囲を見ることで、物事のつながりを見るということになります。

そうすれば、より高い次元の解決策を考えることができるようになります。

一度、やってみてくださいね。


新しいメルマガをはじめました!!

キャリアアップのために、仕事の取り組み方を変える方法を限定12回でお届けします。

メルマガの詳細はこちら


このBlogはWith Coachingというサイトのなかにあります。

With Coachingはコーチングのサービスを提供しています。コーチングとはクライアントの方がやりたいことを実現するためのサポートをするサービスです。 詳しくはトップページをぜひ、ご覧ください。

このブログを書いている私のプロフィールはこちらをご覧ください。